第4回伊王島朝市海鮮秋祭りは小雨の中でも大盛り上がり?

2019年9月29日(日)に毎月最後の日曜日開催している伊王島朝市が、第4回目のイベント盛り沢山となる「伊王島朝市海鮮秋祭り」を開催しました。

 

この海鮮祭りは今の所、年に2回に開催されています。

 

昨年は2週連続の台風で中止となった秋祭りですが、今回の秋祭りはどうなったでしょうか。

 

 

週間天気予報ではずっと雨の予報で心配された方も多いと思います。

 

 

前々日の開催判断では、天気が曇りのち雨と少し回復傾向が見られたので開催に踏み切ったところです。

 

前日準備では皆んなで会場設営や草刈りなど行い、いよいよ当日を迎えます。

毎回、一緒に考えてきた企画も上手くいくかとてもドキドキです。

 

 

開始時間30分前頃には、来場者も見え始めます。

 

出店は、

新鮮な魚介類、伊勢海老はもちろんのこと、伊王島人気のパンや、農産物に無添加の蜂蜜、伊王島のお土産品、お菓子、ワカメ量り売り、かまぼこ、刺身丼、アジの釣り堀、炭鉱カレー、カマスティック、溶けたらさらに美味しいアイススムージーや、五島うどん、ふくの唐揚げ、かき氷、こだわりのコーヒー、エビ春巻き、ホットサンド、シフォンケーキ、水中探査ロボット操作体験、ストラックアウト、ディスゲッターなど様々なものがありました。

 

長崎大学やってみゅーでスクの学生さんも毎度の事ながら、人手不足の応援に駆けつけてくださいました。

 

開始まもなく10時からどんどんイベントを行なっていきます!

まずは、前回大好評いただいた「煮干しの詰め放題」です。参加するために長蛇の列ができました。

 

途中遊びコーナーを塞ぐ勢いだったので、Uの時になって並んでいただいていました。予想外です(^◇^;)

 

1分間に袋に詰めれるだけ詰めていただくイベントは大好評です!そして、良い煮干しがかなりお得に手に入ります。

前回より多い煮干しの箱3箱用意していたのですが、無くなり次第終了ということで列の途中で終了となりました。

惜しくも参加できなかったはまたの機会にぜひご参加宜しくお願いいたします。

 

 

さて、次のイベントは「模擬競り」です。

今回初の試みとなる会場の皆さん参加型の競りを行いました。

最初は戸惑いながらも参加くださった方も最後の方では勢いよく値段をつけていきます。

それでもお得な模擬競りは会場のみんなで楽しむことができました。

アジやマグロ、ブリ、鯛など色々な魚が出ている中、やはり大きな魚が出ると会場は大盛り上がりでした。

魚を上げた瞬間はどよめきが起きました・・・

 

 

3つ目のイベントは「ディスゲッター 大会」を開催しました。

雨がちらつき小雨が降ったり止んだりする中となりましたが白熱した戦いを繰り広げました。

 

なんど下は7歳の女の子から上は75歳の方が参加です。

当日も空きがあったので受け付けた所、総勢15名でのトーナメントを行いました。

敗者復活戦も含め、トーナメントを勝ち抜いた優勝者には「伊勢海老」が贈呈されました。

(1キロ弱の伊勢海老だったのですが、優勝者との写真を撮っていないという痛恨のミスです。。。)

皆さん天候が悪い中、本当にご参加有難うございました。

 

 

毎月登場している常設のストラックアウトは安定の人気でした。

ディスゲッターも人気です。

学生の皆さんも遊び場や釣り堀、出店者の補助有難うございました。次回は一緒に企画を考えてやることも面白そうですね。

 

 

さいごの4つ目のイベントは、ビンゴ大会でした。

色々な商品を用意していましたが、やはり皆さんのお目当ては伊勢海老ですね!

 

抽選くじも伊勢海老が最後の方まで残っていて、すごい盛り上がりをみせました。

 

 

それから、、、雨のため出番待ちをしていたのは、軍艦島のガンショーくんでした。

遊びに来ていたのですが、少ししか出る時間がありませんでした。。。

 

ただ、出た瞬間は子供達と揉み合うのは恒例です。そのあとはちゃんと並んで撮ってくださるので、ガンショーくんも嬉しかったと思います。

新グッズの販売もしていました。ガンショーくんのぬいぐるみです。

触り心地は抜群でした。

 

 

雨が降り出しましたが、イベント4つ全て終えて、第4回の海鮮祭りは盛況のうちに無事終了を迎えました。

 

来ていただいた皆さんが伊王島で笑顔で楽しんで喜んでいただけたことに大変嬉しく思います。

余韻に浸っていましたが、終了後はすごい雨の中での片付けとなりました( ̄∇ ̄)

 

天気も開催中我慢してくださった方だと思います。

 

さいごに、

 

雨の中、ご来場してくださった皆さま、

いつもの朝市より長い時間の出店された皆さま、

 

大変お疲れ様でした。

そして、ありがとうございました。